WSLのApacheでPostgreSQLを使ったDjangoGirlsをデプロイする

Sponsored Link
ロリポップ!レンタルサーバー

前回の続きです

前回投稿した”WSLのApache+mod_wsgiでDjangoのプロジェクトをデプロイする”でWindows上で開発したDjangoGirlsをWSLのApacheから公開しましたが、そのDjangoGirlsのデータベースをPostgreSQLに変更してみました。

その環境を同じようにWSLのApacheから公開する手順についてご紹介。

追加した環境はPostgreSQLだけです。

  • PostgreSQL 12.3
    このPostgresSQLはWindowsで動いています。接続はlocalhost:5432となっています。

DjangoGirlsの変更はチュートリアル通りにやれば問題無いかと思います。

README
README tutorial-extensions.djangogirls.org
README

ただ、このURLでWindows版のPythonのPostgreSQLパッケージのインストールですが、Windows側の仮想環境で、

(myenv) PS > pip install psycopg2

でインストールしただけで問題ありませんでした。

Sponsored Link

WSL側の仮想環境にpsycopg2をインストール

WSL側でも仮想環境に入ってインストールすればいいだろうと高をくくって実行したらエラー。

(djenv) $ pip install psycopg2

#エラーメッセージを確保してませんでした。。。

簡単に言えば、pg_configが見つからないよ、パスとかおかしいんじゃない?
代わりにpsycopg2-binaryを試してみたら?

というメッセージでしたので、提案どおり

(djenv) $ pip install psycopg2-binary

を実行して上手くいきました。そりゃそうですね。PostgreSQLをインストールしているのはWindows環境ですからpg_configが見つかるわけがない。

(djenv) $ pip list
Package         Version
--------------- -------
Django          2.2.4
mod-wsgi        4.7.1
pip             20.1.1
pkg-resources   0.0.0
psycopg2-binary 2.8.5
pytz            2020.1
setuptools      39.0.1
sqlparse        0.3.1

仮想環境のpip listの状態は↑の通りです。

その後にApahceを起動して、ブラウザで確認。

無事に動きました。

以上です。

 

Sponsored Link