AWSでWeb開発環境構築 その3:Amazon Linux2の初期設定

Sponsored Link
ロリポップ!レンタルサーバー

console

EC2への接続

前回作成したEC2ですが、sshで接続します。

インスタンスを停止していた場合はコンソールから起動してください。
インスタンスの起動が終わったら、パブリックIPを確認しておきます。

そのほかに前回ダウンロードしたはずのpemファイルを端末の方に置いてくださいね。

SSHで接続。

$ ssh -i (pemファイル名).pem ec2-user@(ec2インスタンスのパブリックDNS名またはIPアドレス)
Sponsored Link

日本語関係の設定

日本の環境で使用する場合は、タイムゾーンとロケールを変えておいた方が便利なので必要に応じて変えておきましょう。

まずタイムゾーンがどうなっているのか確認。

$ date
Fri Sep 13 13:07:28 UTC 2019

デフォルトはUTCでした。

$ sudo  timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
$ date
Fri Sep 13 22:21:46 JST 2019

JSTに変わりました。

続いてロケールを日本にします。まずは確認。

$ localectl status
   System Locale: LANG=en_US.UTF-8
       VC Keymap: n/a
      X11 Layout: n/a

英語になっています。

LANGとKeymapを変えておきましょう。

$ sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8
$ sudo localectl set-keymap jp106
$ localectl status
   System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
       VC Keymap: jp106
      X11 Layout: jp
       X11 Model: jp106
     X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp

日本語に設定できました。

再接続すれば日本語環境に変わっています。

$ date
2019年  9月 13日 金曜日 22:28:52 JST

amazon-linux-extrasについて

今回作成したAmazon Linux2 には amazon-linux-extrasというパッケージ管理の仕組みがあります。

よくある質問 - Amazon Linux 2 | AWS製品
よくある質問 - Amazon Linux 2 | AWS aws.amazon.com
よくある質問 - Amazon Linux 2 | AWS

ちょっと管理出来るパッケージを確認してみましょう。

$ amazon-linux-extras list
  0  ansible2                 available    [ =2.4.2  =2.4.6 ]
  2  httpd_modules            available    [ =1.0 ]
  3  memcached1.5             available    [ =1.5.1  =1.5.16 ]
  4  nginx1.12                available    [ =1.12.2 ]
  5  postgresql9.6            available    [ =9.6.6  =9.6.8 ]
  6  postgresql10             available    [ =10 ]
  8  redis4.0                 available    [ =4.0.5  =4.0.10 ]
  9  R3.4                     available    [ =3.4.3 ]
 10  rust1                    available    \
        [ =1.22.1  =1.26.0  =1.26.1  =1.27.2  =1.31.0 ]
 11  vim                      available    [ =8.0 ]
 13  ruby2.4                  available    [ =2.4.2  =2.4.4 ]
 15  php7.2                   available    \
        [ =7.2.0  =7.2.4  =7.2.5  =7.2.8  =7.2.11  =7.2.13  =7.2.14
          =7.2.16  =7.2.17  =7.2.19  =7.2.21 ]
 16  php7.1                   available    \
        [ =7.1.22  =7.1.25  =7.1.27  =7.1.28  =7.1.30  =7.1.31 ]
 17  lamp-mariadb10.2-php7.2  available    \
        [ =10.2.10_7.2.0  =10.2.10_7.2.4  =10.2.10_7.2.5
          =10.2.10_7.2.8  =10.2.10_7.2.11  =10.2.10_7.2.13
          =10.2.10_7.2.14  =10.2.10_7.2.16  =10.2.10_7.2.17
          =10.2.10_7.2.19  =10.2.10_7.2.21 ]
 18  libreoffice              available    [ =5.0.6.2_15  =5.3.6.1 ]
 19  gimp                     available    [ =2.8.22 ]
 20  docker=latest            enabled      \
        [ =17.12.1  =18.03.1  =18.06.1 ]
 21  mate-desktop1.x          available    [ =1.19.0  =1.20.0 ]
 22  GraphicsMagick1.3        available    [ =1.3.29  =1.3.32 ]
 23  tomcat8.5                available    \
        [ =8.5.31  =8.5.32  =8.5.38  =8.5.40  =8.5.42 ]
 24  epel                     available    [ =7.11 ]
 25  testing                  available    [ =1.0 ]
 26  ecs                      available    [ =stable ]
 27  corretto8                available    \
        [ =1.8.0_192  =1.8.0_202  =1.8.0_212  =1.8.0_222 ]
 28  firecracker              available    [ =0.11 ]
 29  golang1.11               available    \
        [ =1.11.3  =1.11.11  =1.11.13 ]
 30  squid4                   available    [ =4 ]
 31  php7.3                   available    \
        [ =7.3.2  =7.3.3  =7.3.4  =7.3.6  =7.3.8 ]
 32  lustre2.10               available    [ =2.10.5 ]
 33  java-openjdk11           available    [ =11 ]
 34  lynis                    available    [ =stable ]
 35  kernel-ng                available    [ =stable ]
 36  BCC                      available    [ =0.x ]
 37  mono                     available    [ =5.x ]

いろいろとリストアップされていますが、過去の事例などを検索してみると、例えばphp 7.3のバージョンなど随時追加されており、トピックも追加されているようです。

せっかくのAWSではあるので、出来るだけこいつを使ってセットアップしてみようかと思います。

今日はこの辺で。


 

Sponsored Link